「くりっく株365」の配当相当額に注目!!
~3月は日経225で大型配当月~

くりっく株365

「くりっく株365」の日経225は魅力がいっぱい!
3つのワンダフル!!

現物株と同じように配当が!

3月・9月は大注目!!大型配当月

「くりっく株365」は、各株価指数の構成銘柄に配当がある場合、その権利付最終日と同じ取引日の
取引時間時における買い建玉(買いポジション)保有者に「配当相当額」が付与されます。
(売りポジションの場合は、同額の支払いになります。)

日経225は企業決算が集中する3月末9月末に大型配当となる傾向にあります。
くりっく株365でも、この配当に相当する配当相当額を受け取ることができます。

「くりっく株365」 日経225の配当相当額実績

「くりっく株365」の場合は、配当金ではなくて配当相当額と呼んでいるよ。
配当相当額は、買いポジションを持っている場合で株価指数の構成銘柄に配当があったときに、その都度、株価指数ベースでの配当相当額が受け取れるのダ。逆に売りポジションを持っていると配当相当額の払いになるよ。


  • ※ 配当相当額を受け取るには「買いポジション」を権利付最終日の取引終了時点まで保有する必要があります。
  • ※ 上記の配当相当額実績は1枚の買いポジションを保有していた場合の実績値です。過去の実績はこちら
  • ※ 「売りポジション」を保有している場合、配当相当額について支払う必要があります。



「配当相当額」と「金利相当額」

金利相当額の計算に適用される金利は、日経225の場合、無担保コール翌日物誘導目標なんだけど、現在(2024年1月末時点)はマイナスで推移しているノダ。マイナスのときは金利相当額も「0」となるルールなんだヨ。
海外指数では金利相当額が配当相当額を上回ることがあるヨ。あと、日経225でも今後の金利情勢によっては、金利相当額が発生したり、金利相当額が配当相当額を上回る可能性があるから注意してネ。




3月末の「配当相当額」を受け取る際の注意点

2024年3月の配当相当額を受け取るためには、権利確定日の2営業日前である
「権利付最終日」の取引終了時点まで「買いポジション」を保有し続ける必要があります。

28日の「権利落ち日」は、理論上配当相当額分の株価が下落すると考えられます。
ただし、株価変動は配当分だけでなく、海外市場や経済イベント等様々な要因に左右されます。

配当相当額のみの引き出しはできません。
対象ポジションを決済した際に他の差損益と合計し、証拠金に振り替わります。

「くりっく株365」の配当相当額は取引終了時点の建玉保有者に付与されるノダ!
配当金のように数カ月後ではなくて、翌取引日には反映されるんのが魅力のひとつだネ。




「くりっく株365」と「日経225mini」の違い

くりっく株365の「日経225」では、「配当相当額」が受け取れるだけでなく
呼び値単位が1円のため、小刻みな価格での注文が可能です。

また、ロスカット制度によるセーフティネットを設けているため、リスク管理が効果的に行えます。

レバレッジ取引

レバレッジ取引で、実感する運用効果

「くりっく株365」の日経225(他の銘柄も同様)は、預けた証拠金(資金)を担保に
レバレッジを利かせて効率よく取引できます。
ただし、大きな利益が期待できる反面、思惑が外れると損失を被ることもあるので、注意が必要です。

例えば、日経225の価格が36,000円の場合

証拠金で取引することができるノダ!資金効率よく取引できるだけでなく、配当も狙うことができるノダ!

(2024年1月末時点のデータを元に算出)
レバレッジ効果による損益のイメージ

売りからもOK!

「売り」(値下がりを狙う)から入る
という戦略も実現可能!

「くりっく株365」の日経225(他の銘柄も同様)は、値上がりを期待した取引だけでなく、
売りからも取引ができるので、上昇局面だけでなく、下落局面でも利益が狙えます!
また、保有資産のヘッジ手段としても活用できます!

例えば、日経225が36,000円のとき・・・

「くりっく株365」の
日経225リセット付証拠金取引とは?

日経225リセット付証拠金取引の主な商品仕様

原資産 日経225(日経平均株価)
取引単位 株価指数の数値×100円
呼び値 1円
最小変動額 100円
※1円の値動きで100円の損益が発生します。
取引時間 9:00~翌朝6:00
(サマータイム適用時は、9:00~翌朝5:00)
休業日 土曜日、日曜日、1月1日(1月1日が日曜日に当たるときは1月2日)
取引期間 約15カ月
取引開始日 毎年9月第2 金曜日の翌取引日(原則、月曜日)
取引最終日 リセット日の前取引日
リセット日 取引開始日の翌年12月第2金曜日
決済方法 ①反対売買による決済
②取引最終日まで 決済されなかったポジションはリセット日にリセット値で決済
リセット値 取引対象となる原資産の株価指数が同じである先物取引(リセットが行われる年の12月限のもの)の最終決済に係る価格の小数点以下を四捨五入した値
金利相当額 買い手:支払い/売り手:受け取り
算出方法:清算価格×取引単位(100円)×金利×日数÷365(日)
(適用金利は、日本銀行が公表する無担保コール翌日物金利の平均値(速報)とします。)
配当相当額 買い手:受け取り/売り手:支払い
「くりっく株365」では、買いポジションを保有している場合、株価指数の構成銘柄に配当があれば、その都度、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。
配当相当額は予想配当に基づき、東京金融取引所が算出し、
権利付最終取引日の翌取引日に付与されます。

「くりっく株365」
のしくみ

「くりっく株365」の6つのワンダフル!

「くりっく株365」は日本で初めて公的な取引所が上場する株価指数やETFの証拠金取引です。
日経225やNYダウ、NASDAQ-100(ナスダック-100)など国内外の株価指数に加えて、金や原油のETFを少額から、
日中はもちろん夜間や祝日でも取引することができます。
また、株価指数なら配当を受け取ることもできるなど、従来の金融商品とは異なるさまざまな魅力を持っています。

「くりっく株365」なら、6つのワンダフルで解決します。

「くりっく株365」のリセットのしくみ

「くりっく株365」には、1年に1度やってくる
「リセット」という取引のしくみがあります

1年に1度の取引最終日までの期間内であれば、いつでも取引が可能!
毎年9月に取引が始まり、翌年の12月にリセット日(最終決済)を迎える15カ月のサイクルです。

リセットとは

1年に1度、取引対象となる原資産(株価指数やETF)と同じ価格で決済することを「リセット」といいます。毎年12 月の取引最終日の取引終了時点で未決済となったポジションを、最終決済に係る価格(くりっく株365では「リセット 値」)で決済します。

「リセット」によって、取引対象の株価指数やETFとの価格の連動性が強くなって、スプレッドのタイト化などにより、市場流動性の向上が期待できるノダ。

「くりっく株365」の取引開始・リセットのイメージ

9月の取引開始日から12月のリセット日までの約3カ月間は、重複期間があるヨ。
その間に乗り換えられるノダ。

  • ※ 保有する未決済ポジションを、自動的に次のリセット付商品へ移行するものではありません。

「くりっく株365」の
豊富な投資情報も要チェック!


 

様々な情報をリアルタイム発信東京金融取引所 X(旧Twitter)

各種マーケット情報や、動画更新情報など、様々な情報をいち早くお届けいたします。フォローして最新情報をご確認ください。

詳しく見る

動画で情報を発信東京金融取引所 YOUTUBE

くりっく株365の基礎から投資手法まで、著名投資家の方をお招きし、わかりやすく動画で解説しています。
ぜひご覧ください。

詳しく見る

 

「くりっく株365」の
日経225取引をはじめるには

【はじめて「くりっく株365」を取引する方】

「くりっく株365」の取扱会社で、「くりっく株365」の口座開設を行ってください。
「くりっく株365」の口座では、日経225やNYダウ、NASDAQ-100(ナスダック-100)、ラッセル2000、DAX®、FTSE100といった株価指数だけでなく、金、銀、プラチナ、原油等のコモディティETFなども証拠金で取引できます。

くりっく株365取扱会社一覧

「くりっく株365」取扱会社をご案内いたします(会社ロゴをクリックすると各社ホームページへリンクします。)
「くりっく株365」の取次者、金融商品仲介業者・媒介者はこちらを参照ください。

取引参加者

岩井コスモ証券 AIゴールド証券 SBI証券 auカブコム証券
岡三オンライン証券 岡安商事 KOYO証券 サンワード貿易
日産証券 ひまわり証券 フジトミ マネースクエア
豊トラスティ証券

取次者

セントレード証券 大起証券 日産証券

媒介者

あかつき証券

金融商品仲介業者

カネツ商事 てらす証券アドバイザーズ

くりっく株365は、相場の状況等により、差し入れた証拠金以上の損失が発生する可能性があります。
取引をされる場合は、取扱業者から交付される契約締結前交付書面等の書面の内容を十分理解した上で ご自身の判断で取引を行ってください。