配当あり

「くりっく株365」の配当や金利の仕組み

現物株と同じように配当が受け取れる

現物株の場合、権利確定日に株式を保有していれば、配当金をもらうことが出来ます。これと同じように「くりっく株365」も『買い』ポジションを持っている株価指数の構成銘柄に配当が出た場合、株価指数を基にした配当相当額を受け取ることが出来ます。
これだけでもちょっとした収益源として見込めるでしょう。ただし、『売り』ポジションを持っている場合には、逆に配当相当額を支払うことになります。

配当相当額にもレバレッジが利くノダ!!

売りポジションでは、金利が受け取れる

「くりっく株365」では、配当相当額の受払いのほかに、金利相当額の受払いも発生します。『買い』ポジションを持つ場合は、金利相当額の支払いが必要となり、『売り』ポジションを持つ場合は、金利相当額を受け取ることが出来ます。
整理すると、買いポジションのときは、「金利相当額を支払い、配当相当額を受け取る」ことが出来ます。一方、売りポジションのときは「金利相当額を受け取り、配当相当額を支払う」ことになります。

※ 2016年11月1日現在、金利相当額は0円です。

金利と配当の関係

  買いポジション 売りポジション
金利相当額 支払い 受け取り
配当相当額 受け取り 支払い

「日経225証拠金取引」の配当相当額と金利相当額(実績値)

2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1年間の
合計
1枚取引価格
(清算価格×100)
配当
相当額
122 917 11,230 0 0 1,849 106 982 11,784 0 0 2,640 \29,630 1,874,900円
※2015/12/31
金利
相当額
93 94 99 108 88 118 129 111 103 104 114 122 \1,283
  • ※ 金利相当額の支払い額が、配当相当額の受取り額を上回る場合があります。
  • ※ 「DAX®証拠金取引」については、配当相当額が発生しません。
  • ※ 現物株を保有する株主に与えられる株主優待等の株主権は「くりっく株365」には適用されません。
  • ※ 配当相当額は、予想配当に基づき、金融取が算出します。

金利相当額ってこういうこと

「金利相当額」とは、「くりっく株365」の買いポジションを持つ場合に投資家が支払い、売りポジションを持つ場合に投資家が受取るものです。

買い手

株価指数を構成する銘柄を保有することに伴う資金調達コストに相当

売り手

株価指数を構成する銘柄を売却することに伴う資金運用益に相当

金利相当額の算出方法

  • ※   無担保コール翌日物誘導目標、一定の幅があるときは平均値を使用
  • ※2 平成25年4月4日から当面の間、日本銀行が公表する
    「無担保コール翌日物金利」速報(平均)とします。

配当相当額ってこういうこと

「くりっく株365」では、買いポジションを持っている場合、株価指数の構成銘柄に配当があればその都度、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。

(売りポジションの場合は同額を支払います)

  • ※   DAX®証拠金取引については、配当相当額が発生しません。
  • ※   現物株を保有する株主に与えられる株主優待等の株主権は「くりっく株365」には適用されません。
  • ※   配当相当額は、予想配当に基づき、金融取が算出します。

「くりっく株365」の金利や配当のしくみ

「日経225先物」や「日経225mini」などの先物取引には、「金利」と「配当」があらかじめ価格に含まれているので、取引価格は、理論上は現物価格と異なります。「くりっく株365」の「日経225証拠金取引」では、こうした「金利」と「配当」に相当する額を買い手と売り手の間で日々受け払いすることにより、現物の日経225に近い価格で取引することができます。投資家にとって、わかりやすい価格で取引できるのが大きな魅力です。

配当を得る権利の最終日(権利付最終日)の翌日(権利落ち日)、その銘柄は配当分だけ価値が減じられて取引されます。これがいわゆる「配当落ち」。現物株と同じ仕組みですね。

ですから、売りポジションを持っている投資家は、配当相当額を支払いますが、この配当落ちによって価格は理論的に下がるわけですから、必ずしも経済的に損していることにはなりません。

配当相当額の算出方法は?

各株価指数のライセンサーからの予想配当情報に基づき、東京金融取引所で配当相当額を計算の上、公表しております。

配当相当額の受け取れるタイミングは?

現物株は、配当を受け取るまで数カ月かかることがあるのに対して、くりっく株365では権利付き最終日と同じ取引日の終了時に買いポジションを保有していれば、翌取引日に配当相当額がポジションの評価額に加算されます(売りポジション保有の場合は、同額が減算されます)。

日経225証拠金取引で月半ばに配当相当額が発生しているのは何故?

くりっく株365では、株価指数の構成銘柄となる各企業に配当があれば、その都度配当相当額の受け払いが発生する仕組みとなっております。日本の企業においては月末を株主確定日にしている企業が大多数を占めておりますが、日経225構成銘柄の中で、例えば安川電機の場合、株主確定日を月末ではなく、20日に設定しております。このため、そういった企業の配当の都度、日経225証拠金取引において月半ばで配当相当額が生じることになります。