「くりっく株365」と「株式投資」の違い

  • 株価指数が投資対象なので、自分で数千銘柄から投資対象を選ぶ手間がかからない。
  • 株式投資よりも少額からの投資が可能。取引時間がほぼ24時間なので、ライフスタイルに合わせた投資ができる。

株式投資はトヨタ、キヤノンといった株式市場に上場している個別の会社に投資します。しかし、一般的には日本の株式市場が開いている午前9時から午後3時までの間にしか、市場の動きをみながら売買注文を出すことができないため、不便を感じている方もおられるでしょう。
「くりっく株365」の「日経225証拠金取引」なら、日本の株式市場のオープン前からニューヨーク市場のクローズまでほぼ24時間の取引ができます。

また、「くりっく株365」の取引対象は日経平均株価(「日経225」)をはじめとする国内外の株価指数であり、いずれも各株式市場を代表する複数の株式で構成されています。
そのため、株式投資のように、何千とある銘柄の中から、投資対象を選ぶ必要はありません。