「くりっく株365」と「店頭CFD」の違い

  • 「くりっく株365」は、取扱株価指数について、それぞれの株価指数提供会社から正式なライセンスを受けた取引所CFD。
  • 「くりっく株365」は、複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、その時点における最も有利な価格を提供する仕組み。
  • 「くりっく株365」の金利相当額は、受取側と支払側で同額(一本値)に設定。

株価指数を取引対象とした証拠金取引には、TFXの「くりっく株365」(取引所取引、取引所CFD)と店頭取引(非取引所取引)があります。店頭取引では株価指数CFDという呼び方で一般的に知られています。
(CFD:Contract for Difference=差金決済取引)

「くりっく株365」は、取扱株価指数の各提供会社から正式なライセンスを受けた取引所CFDであり、日経225、NYダウ、NASDAQ-100、DAX®及びFTSE100を原資産とした商品を取引することができます。
また、「くりっく株365」の配当相当額は、株価指数提供会社から直接取得した予想配当情報に基づき、TFXが計算の上、公表しています。

「くりっく株365」と「店頭株価指数CFD取引」との比較

  「くりっく株365」 店頭株価指数CFD取引
取引可能時間 「日経225リセット付証拠金取引」は、原則、土・日・ 1月1日(1月1日が日曜日の場合は1月2日)を除いた毎日ほぼ24時間取引可能
(海外指数は、取引時間が異なる。)
取扱会社によって異なる
投資家保護
(一般投資家)
投資者保護基金の対象
~補償金額は、一般顧客一人につき1000万円を上限
適用されない
取引価格 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格を提供する仕組み
CFD取扱会社により提示された価格での取引

(例)マーケットメイカーによるレート提示

マーケットメイカー 買呼び値 売呼び値 スプレッド
A社 22,100 22,109 9円
B社 22,098 22,110 12円
C社 22,097 22,105 8円

スプレッドの差が最も小さい組み合わせが売買価格になる→投資家に有利!

「くりっく株365」提示レート
買呼び値 売呼び値 スプレッド
22,100 22,105 5円

レート提示におけるリスク
各商品では複数のマーケットメイカーが常時レート提示を行うことになっていますが、一時的にレートを提示するマーケットメイカーが1社だけとなったり、またはレート提示がなくなる可能性もあります。

金利相当額

売り方が受け取る金利相当額と
買い方が支払う金利相当額は同額

(例)

「くりっく株365」提示レート
受け取り側 支払い側
2円 2円

一般的には投資家が受け取る金利相当額は少なく、投資家が支払う金利相当額は多く設定していることが多い

(例)

店頭CFD取引
受け取り側 支払い側
LIBOR-3% LIBOR+3%
  • ※  受け取り側の場合、3%を引いてマイナス金利になるケースは0%となり、金利の受け取りはなくなる。
  • ※  LIBOR=ロンドンでの銀行間取引レートのことです

※ 「くりっく株365」の金利相当額は、全ての店頭CFD取引と比較し、常に受け取り額が多い、または支払い額が少ないということではありません。