「くりっく株365」と「店頭CFD」の違い

  • 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、その時点における最も有利な価格を提供する仕組み。
  • 金利相当額は受取側と支払側で同額(一本値)に設定。

株価指数を原資産とした証拠金取引には、金融取の「くりっく株365」(取引所取引)と店頭取引(非取引所取引)があります。店頭取引では、株価指数「CFD」(Contract for Difference=差金決済取引)という呼び方で一般的に知られています。それぞれの違いを下表にまとめました。

「くりっく株365」と「店頭株価指数CFD取引」との比較

  「くりっく株365」 店頭株価指数CFD取引
取引可能時間 「日経225証拠金取引」は、原則、土・日・ 1月1日(1月1日が日曜日の場合は1月2日)を除いた毎日ほぼ24時間取引可能
(海外指数は、取引時間が異なる。)
取扱会社によって異なる
投資家保護
(一般投資家)
投資者保護基金の対象
~補償金額は、一般顧客一人につき1000万円を上限
適用されない
取引価格 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格を提供する仕組み
CFD取扱会社により提示された価格での取引

(例)マーケットメイカーによるレート提示

マーケットメイカー 買呼び値 売呼び値 スプレッド
A社 10,802 10,810 8円
B社 10,800 10,805 5円

スプレッドの差が最も小さい組み合わせが売買価格になる→投資家に有利!

「くりっく株365」提示レート
買呼び値 売呼び値 スプレッド
10802 10805 3円

レート提示におけるリスク
各商品では複数のマーケットメイカーが常時レート提示を行うことになっていますが、一時的にレートを提示するマーケットメイカーが1社だけとなったり、またはレート提示がなくなる可能性もあります。

金利相当額

売り方が受け取る金利相当額と
買い方が支払う金利相当額は同額

(例)

「くりっく株365」提示レート
受け取り側 支払い側
2円 2円

一般的には投資家が受け取る金利相当額は少なく、投資家が支払う金利相当額は多く設定していることが多い

(例)

店頭FX取引
受け取り側 支払い側
LIBOR-3% LIBOR+3%
  • ※  受け取り側の場合、3%を引いてマイナス金利になるケースは0%となり、金利の受け取りはなくなる。
  • ※  LIBOR=ロンドンでの銀行間取引レートのことです

※ 「くりっく株365」の金利相当額は、全ての店頭CFD取引と比較し、常に受け取り額が多い、または支払い額が少ないということではありません。