ほぼ24時間・祝日も

ほぼ24時間取引・祝日も取引ができるからリスクを軽減

日経225をほぼ24時間取引できる

  • 「くりっく株365」の日経225は朝8時半から翌朝6時まで取引可能。日本の祝日でも取引できます。
  • NY市場のクローズ時間までカバーしているため、「決済したいのにできない」というリスクも極力回避できます。

「くりっく株365」の日経225では、午前8時半から翌朝午前6時(米国NY州サマータイム適用期間は午前5時)までのほぼ24時間、取引ができます。
日本の現物株の取引時間は午前9時から午後3時までです。そのため、海外市場の急変に伴い、保有しているポジションが大きく悪化して市場がスタートした時など、損失をタイムリーにカバーできないこともあります。しかし、「くりっく株365」では、夜中に海外市場で相場が急変しても、ほぼどの時間でも取引できるため海外市場の動向を踏まえたタイムリーな取引をすることができます。また会社から帰って自宅でじっくり取引することもできます。

「くりっく株365」の取引時間早見表

ほぼ24時間取引だからおいしい機会を逃さない

海外(欧米)市場が開いている間は市場の変動をダイナミックに捉えることができます。東京市場のオープニングに大きな影響を及ぼすニューヨーク市場のクローズ時間までカバーしています。

帰宅後にデイトレードも可能

ほぼ24時間取引だから会社から帰って自宅でじっくり取引することができます。

「くりっく株365」の取引時間早見表

  • ※ 付合せ開始前の10分間は、プレオープン時間帯です。但し、日経225リセット付証拠金取引の週初の取引日並びにNYダウリセット付証拠金取引、金ETFリセット付証拠金取引及び原油ETFリセット付証拠金取引の月曜日の取引については、付合せ開始前の30分間をプレオープン時間帯とします。(プレオープン時間帯には、約定は発生しません。)

ご注意

取引時間は、臨時に変更される場合があります。金融取における取引時間帯の切り替え時には、事前に金融取ホームページ等でお知らせいたします。また、海外市場の祝日等の理由で取引時間を変更する場合があります。

祝日でも日経225を取引できる

日本の祝日も海外市場は常に動いている

  • 「くりっく株365」は、日経225やNYダウなどの株価指数や金・原油のETFが、日本の祝日でも取引することができます。
  • 毎年ゴールデンウィークや年末年始など、株式市場の休場が続くことがありますが、その間も世界のほとんどの市場はそれぞれに影響を与えながら値動きしています。
  • 「くりっく株365」なら、海外で大きなニュースがあった場合に相場が急変しても、取引機会を逃さずタイムリーに対応できます。

日経225先物は海外マーケットでも売買されているため、日本が祝日でも相場は時々刻々と変動します。特に、海外で重要な経済指標が発表されたようなときには、相場が大きく動く場合があります。本来ならば、このような場合には、日本のマーケットが開くまで取引をすることはできません。しかし、祝日でも取引できる「くりっく株365」なら、このような相場の動きにも臨機応変に対応することができます。

もちろん海外の株価指数や金・原油のETFも日本の祝日に取引できるので、現地市場の動きを追うことができます。

日本の株式市場は、ゴールデンウィークや年末年始の期間において祝日など取引ができないことがあります。一方、「くりっく株365」の日経225は、祝日(※)も取引可能なため、多くの取引機会があります。

  • ※ 1月1日(この日が日曜日の場合、1月2日)を除く。
  • ※ ゴールデンウィークや年末年始については、取引日や取引時間が変更となる場合があります。
    取引カレンダーについてはこちら