「くりっく株365」とは

【重要】
  • 東京金融取引所では、2020年9月を目途に、最長1年程度を決済期限とする新しい「くりっく株365」を上場する予定です。
  • これに伴いまして、現在の「くりっく株365」は、2021年3月を目途に上場廃止となる予定です。取引最終日までに転売・買戻されなかった未決済建玉は、最終決済価格(注)で決済されますので、ご注意ください。
    ※現在の「くりっく株365」は、取引最終日(2021年3月予定)までは通常通りお取引頂けます。
  • 決済期限のある新しい「くりっく株365」では、配当相当額や金利相当額があること、円建てであること等、現行商品の特性は変更しない予定です。
  • 新商品の商品仕様の詳細や現行商品の上場廃止日等については、確定次第あらためてご案内させていただきます。
    (注)現行商品の上場廃止や新商品については、以下のお知らせをご覧ください。
    取引所株価指数証拠金取引における現行商品の上場廃止と新商品上場について
    (注)最終決済価格については、以下のお知らせをご覧ください。
    取引所株価指数証拠金取引における取引最終日の最終決済価格について
    なお、上記内容は当局からの認可が得られることを前提としております。

「くりっく株365」とは?

とは東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称です。

「くりっく株365」では何が取引できるの?

「くりっく株365」では、日経平均(日経225)のほか、世界の株価指数に投資することが出来ます。

取扱銘柄

日経225、NYダウ、DAXR、FTSE100


※ 日経平均株価(日経225)

※ DAX®はドイツ取引所の登録商標です。

「くりっく株365」で日経平均を投資するメリット

  • ほぼ24時間取引可能
  • 配当あり
  • レバレッジ取引
  • 祝日も取引可能
  • 売りからも取引可能

※ 売りポジションを保有の場合は、配当相当額を支払います。

「くりっく株365」の取引例

取引単位は1枚(日経平均×100円) 必要証拠金 取引金額の20分の1~30分の1程度

※ 取引単位1枚に対して、証拠金を預ける必要があります。証拠金は相場状況により、増加する場合があります。

【買い】からスタートした場合

【買い】からスタートした場合

【売り】からスタートした場合

【売り】からスタートした場合

※ 「金利相当額」、「配当相当額」の受払いにご留意下さい

「くりっく株365」の投資家、増加中!

「くりっく株365」の商品性が個人投資家の皆様に高く評価され、口座数・証拠金残高は増加中です。

「くりっく株365」はどこで取引できるの?

「くりっく株365」の取り扱い会社を通じてお取引をすることができます。

取引の流れ

投資家→取扱会社→取引所

「くりっく株365」取扱会社

《掲載50音順》



くりっく株365取扱会社一覧

「くりっく株365」取扱会社をご案内いたします(会社ロゴをクリックすると各社ホームページへリンクします。)
「くりっく株365」の取次者、金融商品仲介業者・媒介者はこちらを参照ください。

取引参加者

  • 岩井コスモ証券
  • インヴァスト証券
  • SBI証券
  • 岡三オンライン証券
  • 岡安商事
  • カネツFX証券
  • カブドットコム証券
  • KOYO証券
  • 日産証券
  • ひまわり証券
  • フジトミ
  • マネックス証券
  • マネースクエア
  • 豊商事

取次者

  • 三京証券
  • セントレード証券
  • 東郷証券

媒介者

  • あかつき証券

金融商品仲介業者

  • カネツ商事
  • 大起産業
  • 日本フィナンシャルセキュリティーズ

くりっく株365は、相場の状況等により、差し入れた証拠金以上の損失が発生する可能性があります。
取引をされる場合は、取扱業者から交付される契約締結前交付書面等の書面の内容を十分理解した上で ご自身の判断で取引を行ってください。