「くりっく株365」と「日経225mini」の違い

  • 「くりっく株365」は祝日も取引ができる。
    ※1月1日(この日が日曜日の場合は1月2日)を除きます。

日経225先物は海外マーケットでも売買されているため、日本が祝日でも相場は時々刻々と変動しています。特に、海外で重要な経済指標が発表され相場が大きく動いた場合、通常は日本のマーケットが開くまで取引をすることはできませんが、祝日も取引ができる「くりっく株365」なら、相場の動きに応じてタイムリーな取引ができます。
その他、海外の株価指数も日本の祝日に取引できます。
対しまして、大阪取引所に上場する「日経225先物(日経225mini)は祝日に取引は出来ません。

「くりっく株365」と「日経225mini」との比較

日経225リセット付証拠金取引
(「くりっく株365」)
日経225mini
取引単位 日経平均株価×100円 日経平均株価×100円
取引期限 あり(最長15カ月) あり(約3ヶ月)
金利相当額 受払いあり 受払いなし
配当相当額 受払いあり 受払いなし
取引時間 8:30~翌6:00
※米国ニューヨーク州夏時間適用時間は翌日午前5:00まで
8:45~15:15
16:30~翌朝5:30
取引成立方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式
呼び値単位 1円 5円
ロスカットルール 取扱会社が管理体制を整備 なし
休業日 土日・元旦
(1月1日が日曜日の場合は1月2日)
土日・祝祭日