「くりっく株365」と「日経225mini」の違い

  • 取引期限がなく、自分のタイミングでじっくり投資できる。
  • 「金利」と「配当」を受払いするから、より現物の日経225の価格に近い価格で取引できる。
  • 祝日※も取引ができる。
    ※1月1日(この日が日曜日の場合は1月2日)を除きます。

日経平均株価(「日経225」)を対象とする上場物の株価指数先物取引には、「くりっく株365」の「日経225証拠金取引」と大阪取引所の「日経225先物(日経225mini)」があります。
「くりっく株365」は従来の株価指数先物取引では満たされなかった、投資家の皆様からのニーズにお応えできる商品性を備えています。

まず取引期限が異なります。「くりっく株365」では、取引したポジションは無期限で保有できるので、自分のタイミングでじっくり投資できます。ただし、損失が一定の範囲を超えた場合に発動されるロスカットには注意しましょう。

また「日経225mini」には、金利と配当があらかじめ価格に含まれているので、取引価格は現物の日経225の価格とは異なります。
「くりっく株365」はこうした金利と配当に相当する額を買い手と売り手の間で受払いすることで、より現物の日経225に近い価格で取引できます。

取引が成立する呼び値(価格の単位)を比べてみると、「日経225mini」が5円単位なのに対して、「くりっく株365」は1円単位です。価格の単位が小さいと、スプレッドが5円未満に縮小する可能性があるため、それだけ細かく利食いや損切りができます。

「くりっく株365」と「日経225mini」との比較

日経225証拠金取引
(金融取「くりっく株365」)
日経225mini
取引単位 日経平均株価×100円 日経平均株価×100円
取引期限 なし あり(約3ヶ月)
金利相当額 受払いあり 受払いなし
配当相当額 受払いあり 受払いなし
取引時間 8:30~翌6:00
※米国ニューヨーク州夏時間適用時間は翌日午前5:00まで
9:00~15:10
16:30~翌朝5:30
取引成立方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式
呼び値単位 1円 5円
ロスカットルール 取扱会社が管理体制を整備 なし
休業日 土日・元旦
(1月1日が日曜日の場合は1月2日)
土日・祝祭日