ロスカットについて

「ロスカット」の仕組み ―損失の拡大を抑えるためのロスカット―

差し入れた証拠金以上の損失をなるべく防ぐために、「ロスカット」というシステムがあります。予想と反対の方向へ相場が動いたとき、事前に取扱会社と定めた条件の範囲を超えて損失額が膨らむと、自動的に反対売買を行い、ポジションを手じまう仕組みです。

証拠金不足を知らせる「ロスカットアラート」

ロスカットとなる前に自分で証拠金不足を回避することも出来ます。そのために用意されているものが、ロスカットアラートという機能です。これは証拠金残高が、定められた条件を下回ったとき、つまりロスカットが発生する前に、「このままだとロスカットになってしまいますので、ご注意ください」ということを、メールや取引画面で知らせてくれる仕組みです。

このときに、証拠金を追加するか、もっているポジションを一部決済することで、証拠金不足を解消することが出来ます。なお、相場の急変時にはロスカットとロスカットアラートがほぼ同時に行なわれる場合もあるので、ロスカットを避けるためには、適切なレバレッジで資産を運用し、あらかじめ証拠金に余裕を持たせておくことが必要です。