リセットについて

「くりっく株365」には、1年に1度行う「リセット」という取引のしくみがあります。
毎年9月に取引が始まり、翌年の12月にリセット日(最終決済)を迎える約15ヵ月のサイクルです。

「リセット」とは

1年に1度、取引対象となる原資産(株価指数やETF)と同じ価格で決済することを「リセット」といいます。
毎年12月の取引最終日の取引終了時点で未決済となったポジションを、最終決済に係る価格(くりっく株365では「リセット値」)で決済します。

この「リセット」によって、取引対象の株価指数やETFとの価格の連動性が強まるほか、売買スプレッドのタイト化など、一層の市場流動性の向上が期待されます。

「くりっく株365」の取引開始・リセットのイメージ

「くりっく株365」の取引開始・リセットのイメージ

毎年9月の取引開始日から12月のリセット日までは、約3ヵ月間の重複期間があり、その間に次のリセット付商品に乗り換えられます。

※保有する未決済ポジションを、自動的に次のリセット付商品へ移行するものではありません。

「取引開始日」・「取引最終日」・「リセット日」の日程

「くりっく株365」では、新たな取引が開始される日を「取引開始日」といいます。また、リセットによりポジションが決済される日を「リセット日」とし、リセット日前の最終の取引日を「取引最終日」といいます。

「取引開始日」・「取引最終日」・「リセット日」の日程

※ 金ETFリセット付証拠金取引及び原油ETFリセット付証拠金取引の取引開始日は未定です。
上場日については、改めてお知らせいたします。

「リセット値」とは

「リセット値」は、リセット日においてリセットの対象となるポジションを決済する価格のことです。

株価指数 取引対象となる原資産の株価指数が同じである先物取引(リセットが行われる年の12月限のもの)の最終決済に係る価格の小数点以下を四捨五入した値
ETF 取引対象となる原資産ETFの12月第3金曜日の「一口あたり純資産額」